archive
category
  • カテゴリーなし

頼りになる存在

会社設立の際に心強い味方となってくれるのが「税理士」そして「弁護士」の存在です。
ただ、会社設立で必ず税理士や弁護士を雇う必要があるかと言われれば決してそうではありません。
売上の見通しも立っていない状況のなか、毎月の顧問料を捻出するのは難しい言えます。しかし、予算に余裕があるのであれば、税理士・弁護士は雇うべきです。
会社設立はやりたい事業があるからと簡単に実現できるもではありません。法律に則った上で適性な手続きを踏まなければ、国に認められた事業は行えません。
また、会社設立後も業務における問題は多々発生します。専門的な契約や手続きを要することもあり、事業主の力だけでは補えない問題も出てくるでしょう。

会社設立から運営にいたるまで、強力なサポートをしてくれるのが、税理士・弁護士の存在なのです。
税理士は税金のことはもちろん、あらゆる問題に対応してくれる何でも屋の側面を持っています。
税務、経営、資金繰りといった実務的なことだけでなく、プライベートな相談も受けてくれます。幅広い業務に対応してくれるため、特に中小企業からの需要が高いです。
弁護士は法律のプロであり、法律相談、契約書チェックなど、企業に欠かすことのできない重要な業務を任せられる信頼できる存在です。
顧問料は高いですが、それだけの価値が弁護士にはあるのです。

おすすめサイト

税理士に相談するなら大阪で有名な事務所に依頼しよう~中央財務~
横浜で人気のある税理士と言えば/アイ・ブレインズ
就業トラブル専門の弁護士は千葉にある/ 房総法律

    Search
    Archives